メンテナンス
安全・快適にバイクライフをお楽しみいただくために

安心してお乗りいただくためには、定期的な点検整備は欠かせません。
多くの部品構成で組み立てられたバイクは走るにつれ、そして時間の経過とともに部品の劣化や磨耗が進みます。 この状態をチェックするとともに今後どう変わっていくか予測して必要な整備を行い、大きなトラブルや出費を防ぎ、次の点検までの安心を提供します。

初回点検(無料)

新規登録または届出から1か月目(または1,000km時)に行う点検です。
YSP大阪鶴見にてご購入いただいたバイクにつきましては初回点検を無料で行います。

※当店以外でご購入されたバイクの場合は有料となります。

●有効期間を過ぎると有料になります。
有効期間:新規登録または届出した日から50日以内
(ただし、有効期間内に走行距離が1,000kmを超える場合は、1,000km走行時)

●点検整備をお受けになる際は必ず、メンテナンスノート(保証書・点検整備記録簿)をご提示ください。

●オイル代、消耗部品代および交換工賃などは実費をいただきます。

点検項目

  • ブレーキ装置
    • ブレーキのきき具合
    • ブレーキロッドおよびケーブル類の緩み、がた、損傷
    • ブレーキホースおよびパイプの液漏れ、損傷、取付状態
  • 走行装置
    • リムおよびホイールディスクの損傷
    • スポークの緩み、がた
  • 動力伝達装置
    • クラッチの作用
    • チェーンの緩み
  • エンジン
    • 点火プラグの状態
    • エンジンオイルの漏れ
    • 燃料漏れ
    • 冷却水の量・漏れ
    • カムチェーンの調整(半自動式)
    • アイドリング回転数み
  • メーカー推奨定期交換部品(有料)
    • エンジンオイルの交換
    • オイルフィルターエレメントの交換
    • トランスミッションオイルの交換
    • ファイナルギヤケースオイルの交換

定期点検

安全にバイクをお楽しみいただくため定期的に行う点検です。

安全、快適にご使用いただくため、法または法に準じる点検項目と、ヤマハが指定する点検項目が定められています。 愛車と長くつきあっていくために、適切な間隔で点検を受けましょう。

法定点検

年間走行距離が3,000km程度の標準的な使用を前提とし、安全の確保、公害防止の観点から、1年および2年ごとに実施する点検整備です。

12ヶ月点検 24ヶ月点検

メーカー指定点検(ヤマハ)

定期点検整備項目には、法定点検項目のほかにヤマハが指定する6ヶ月および1年ごとに実施する点検整備項目があります。

12ヶ月点検 24ヶ月点検
 

●部品の交換等が発生する場合、別途部品代・工賃が必要となります。

●通常より厳しいシビアコンディションで使用されている場合、部品の損耗などがはるかに早く進む場合があります。シビアコンディションの項目に当てはまる場合、定期点検より短い間隔で点検を行ってください。

●125cc以下のバイクとそれ以上のバイクでは点検項目が異なります。

点検箇所

  • ハンドル
    • ハンドル
    • フロントフォーク
  • ブレーキ
    • ブレーキペダル
    • ホース・パイプ
    • ドラム・シュー
    • ロッド・ケーブル
    • シリンダ・キャリパ
    • ディスク・パッド
  • タイヤ・ホイール
    • 空気圧
    • サスペンション
    • ベアリング
    • ショックアブソーバ
  • 電装系
    • プラグ
    • バッテリー
    • 電気配線
  • 動力伝達装置
    • クラッチ
    • ドライブシャフト
    • ドライブベルト
    • トランスミッション
    • チェーン・スプロケット
  • エンジン
    • 回転数
    • 排気ガス
    • エアクリーナ 
    • オイル
    • 燃料装置
    • 冷却装置
  • 排気系
    • ブローバイガス還元装置
    • 一酸化炭素発散防止装置
    • エキゾーストパイプ・マフラー
  • その他
    • フレーム
    • シャーシ各部給油状態

点検のタイミングやご使用状況・走行距離などにより、
点検項目が追加されます。

 

点検に要する費用例(12ヶ月点検)

※消費税(8%)込みの価格です ※点検種別により価格は変動します。詳しくはお問い合わせください。

原付・原付二種 軽二輪 小型二輪
6,960円 9,570円 10,440円
 

【タブレットを使用して画像で説明】

初めての方でもご安心いただけるように、12ヶ月点検の際には点検・修理箇所の画像をご覧いただきながら説明いたします。
不明点につきましては、お気軽にご質問ください。

シビアコンディションチェック

通常よりも部品の劣化が早い厳しい状況で走行された際に行う点検です。

一般的な使われ方より厳しい状態(シビアコンディション)で車が使われた場合、部品の劣化が通常よりも著しく進行することがあります。 この場合、通常よりも早めの点検整備が必要になってまいります。
次に示すような使われ方の場合、通常より早めの点検および整備を行ってください。

シビアコンディションの条件

※この他、高回転域を多用する走行でも損耗・劣化が進みます。

 

シビアコンディション点検に要する費用

※消費税込みの価格です ※部品の交換等が発生する場合、別途部品代・工賃が必要となります。

原付・原付二種 軽二輪 小型二輪
5,220円 6,090円 6,960円